アメリカンフラワー&デップアートを初心者に作り方から購入までお教えします


アメリカンフラワー&デップアートとは?

アメリカンフラワー&デップアートの作品の特徴は、マニキュアのような特殊な液を使い、花や昆虫を作り上げる技法にあります。
とても簡単に説明しますと、まずはワイヤーで輪の形を作ります。ちょうど、金魚すくいの「ポイ」(金魚すくいの網)のような形に形成します。次にアメリカンフラワー&デップアート用デップ液に浸すことで膜を張らせます。
最後にお花の花弁や葉、蝶などの昆虫など好きな形に組み上げていきます。
色もサイズもご自由に作れるので創作の幅は大変広く、またガラスの様に透明感があり大変綺麗です。

アメリカンフラワーはアメリカで生まれた造花樹脂液を、塗料メーカーの東亜ペイント株式会社(現トウペ)の改良により、今日のアメリカンフラワー「トアディップ」(トウペ製造)となりました。 アメリカンフラワーという言葉自体は、和製英語のようです。
ちなみにアメリカンフラワーとデップアートは同じものと考えていただいて結構です。

どうやって作るの?へ

アメリカンフラワー&デップアート用デップ液等の使用上の注意

アメリカンフラワー&デップアート用デップ液はシンナー系の塗料となりますので、使用する場合換気に注意してください。

inserted by FC2 system